心も体も ぬくぬくぽかぽか

クーポンやキャンペーンで泊まったお宿の旅レポ

十三月 その2 パブリックスペース&温泉

十三月の廊下を抜けて本館藤三旅館の大浴場へ

f:id:secoeco:20211111123145j:image


f:id:secoeco:20211111123138j:image

藤三旅館と十三月の間に扉があります

十三月側はノーセキュリティ


f:id:secoeco:20211111123217j:image

藤三旅館側から撮影

カードキーをかざさなければ扉が開かない仕組み

 

日帰り入浴のお客さんもいるから出入りできないようになっています

 

 



白い扉を開けるとその先はレトロな世界

未来から過去へタイムスリップしたみたい

 

f:id:secoeco:20211111123151j:image

藤三旅館玄関


f:id:secoeco:20211111123158j:image

フロント付近


f:id:secoeco:20211111123142j:image

湯治場なので生活用品が買える売店もあります


f:id:secoeco:20211111123214j:image

ロビー

 

お風呂は3箇所あります

f:id:secoeco:20211112122027j:image
f:id:secoeco:20211112122025j:image

f:id:secoeco:20211111123148j:image

脱衣所


f:id:secoeco:20211111123211j:image

洗い場は2箇所だったかな


f:id:secoeco:20211111123223j:image

部屋の露天風呂と広さは同じくらい

これなら部屋のお風呂で充分かも

 


f:id:secoeco:20211111123208j:image

奥に見えるのがお風呂の名前にもなっている白糸の滝

 

 

 

川沿い露天風呂

f:id:secoeco:20211112122107j:image

関西方面から来た旅行客5人組が入場規制で

ロッカーにバツ印がされているところを分かっていながら

使ってええよねとルールを無視

しかも脱衣所で大声で会話しながら

 

カランもいっぱい露天風呂もいっぱい

風呂が密になってしまいました

 

 

f:id:secoeco:20211112131852j:image

日本一深い自噴岩風呂は男女入れ替え制

左に見える引き戸を開けるといきなり階段

一階分降りたところに脱衣所

そして深さ125センチの立ち湯があります

ぽこぽこ自噴しているのが足の裏で感じられます

 

この岩風呂は十三月に泊まっても入ってよかったです

 

 

 

再びセキュリティゲートを抜け十三月側へ

 

 

 

f:id:secoeco:20211111123405j:image

ラウンジでは18時までドリンクサービスあり


f:id:secoeco:20211111123423j:image
もちろんアルコールをいただきます


f:id:secoeco:20211111123418j:image
f:id:secoeco:20211111123415j:image


f:id:secoeco:20211111123403j:image


f:id:secoeco:20211111123409j:image

足湯もあります

ドリンクの持ち込みは禁止

万一ガラスが割れてしまったら危険なので

 

 

f:id:secoeco:20211111124704j:image

満室でしたがラウンジは空いてました


f:id:secoeco:20211111124707j:image

セコい私は白ワイン2杯をラウンジで頂きました

夕食の時間も近づいたのでそろそろお部屋に戻ろうと思ったら

ドリンクコーナーを片付ける前にもう一杯どうぞと勧めて下さったので

図々しくおかわりさせてもらいました

 


f:id:secoeco:20211111124701j:image

レトロな藤三旅館

近代的な十三月

 

本館と別館のギャップにやられます

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉ランキング


旅館・ホテルランキング